ダッチワイフとの違い|ラブドールを使って疑似セックスをよりリアルなものに

ラブドールを使って疑似セックスをよりリアルなものに

ダッチワイフとの違い

色々なメディア機器

ラブドールと似た言葉として、ダッチワイフがあります。
ダッチワイフも男性のオナニーをより良いものにするためのアダルトグッズであり、等身大のドールであることは変わりません。
ラブドールとダッチワイフの違いですが、基本的には同じだと思っていただいていいでしょう。
元々ダッチワイフとして誕生したのですが、当時はビニール製のモノが多く、中に空気を入れて膨らませてから使用していました。
しかし、時代の流れとともにダッチワイフもどんどん進化し、より人間の肌質に近い素材としてシリコンが使用されるようになったのです。
シリコン素材を使って作られているダッチワイフは高級品とされており、これをラブドールと呼ぶようになったのです。
また、ラブドールの進化は留まることを知らず、現在はさらに人間の肌質に近い素材が使用されています。
それが「ミクロン60」という人工皮膚です。
感触が人間の肌と遜色ないだけではなく、シリコンゴム特有のニオイもありません。
リアルさを追求するのであれば、ミクロン60を使っているラブドールを探してみるといいでしょう。

また、限りなく実物の人間に寄せて作られている現代のラブドールは、アダルトグッズとしてではなく、写真撮影用のモノもあります。
こうした用途を目的としているラブドールの場合、股間部分にオナホールを着脱するスペースがないため、購入の際はしっかり確認しておきましょう。